2017年夏ドラマ

時代をつくった男のあらすじは?感想やネタバレもまとめてみた!

 

24時間テレビのドラマ「時代をつくった男」

がかなり大好評だったようですね。

 

なので世間の声にどのようなネタバレ感想

があったのか気になる方もいると思うので

簡単にまとめてみようと思います。

 

そのついでに「時代をつくった男」の

あらすじもおさらいしちゃいましょう♪

 

 

時代をつくった男

画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=DI6PoG4tHQY

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

公式サイトにあるあらすじを再度

チェックしてみましょう。

※公式サイトのあらすじを元にしているので
ネタバレにはならないと思いますが責任は負いません。

 

時代を彩った数々の名曲を生んだ作詞家・阿久悠。"ヒットメーカー"と呼ばれた阿久の歌は、平成の今も愛され続けている。阿久の妻・雄子(松下奈緒)は、女子高生たちが夫の作った歌を口ずさむ姿を見て、阿久と出会った頃を思い出す……。

引用元:http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/story/index.html

 

昭和38(1963)年、阿久悠こと深田公之(亀梨和也)は、広告代理店に勤めるサラリーマンだった。そこで出会ったのが雄子。同じ匂いを感じた二人はつき合い始め、翌年結婚。この頃から、会社には内緒で放送作家のアルバイトを始め、そこで「阿久悠」というペンネームを使うようになった。

引用元:http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/story/index.html

 

広告代理店ではCMの製作やコピーライティング

のお仕事をしていたようですね。

 

“ものを書く”仕事をしたかった阿久は、やがて会社を辞めフリーの放送作家に。そして、作詞にもチャレンジするとその才能を発揮し、森山加代子の『白い蝶のサンバ』を大ヒットさせる。「時代を作る流行歌を生み出したい」と、本格的に作詞活動をすることを決意する阿久。仕事はますます忙しくなり、雄子と息子・太郎の待つ家へ帰るのは 2~3か月に一度、という状況になっていった。

引用元:http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/story/index.html

 

放送作家として働いていたのですが、

作詞を頼まれ断るも池沢文男(八嶋智人)の

猛プッシュに負けする事にしたそうです。

 

昭和46(1971)年。阿久は、日本テレビのプロデューサー・池沢(八嶋智人)に声を掛けられ、新番組の立ち上げに参加する。池沢は「テレビ局からスターを生み出したい!」と、新しいオーディション番組を作ろうとしていた。池沢にアイデアを求められた阿久は、オーディションのすべての過程をガラス張りにして放送するという今までにない番組スタイルを提案する。それが伝説のオーディション番組、「スター誕生!」の始まりだった。
自ら審査員を務めることも決まり、いよいよ『スター誕生!』の放送が開始。
しかし、阿久や池沢ら制作スタッフが期待していたようなスター候補生はなかなか現れず、番組は前途多難なスタートを切ったのだった――。

引用元:http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/story/index.html

 

スポンサーリンク

 

感想やネタバレ

 

ここからはSNSでの感想やネタバレなので
内容に直接かかわる可能性があるのでご注意を!

 


これ以外にもかなりの量のネタバレ感想は

ありましたがこの辺にしておきます。

 

 

まとめ

 

24時間テレビのドラマ「時代をつくった男」

のあらすじのおさらいからネタバレ感想まで

簡単にまとめてみました。

 

ざっとネタバレ感想をチェックしてみると

アンチというかマイナスな評価がない事に

驚きました。

 

人によってはアンチジャニーズの人も

高評価な感想を書いていましたし、

とても良いドラマだったんだなと改めて感じます。

 

 

この素晴らしいドラマを見逃した方へ

こちらの記事で見れる可能性について
書いていますので参考までにご覧下さい☆

 

時代をつくった男を見逃した!24時間テレビのドラマを無料で見る方法は?

 

スポンサーリンク

 

-2017年夏ドラマ