2017年秋ドラマ

眩(くらら)北斎の娘を見逃した!NHKドラマを無料で見る方法が知りたい!

 

こちらはNHKのスペシャルドラマ

「眩(くらら)~北斎の娘~」を見逃して

しまった方への記事です!

 

NHKドラマを無料で見る方法が

知りたい方はどうぞご覧ください♪

 

眩(くらら)~北斎の娘~

画像出典:http://www.nhk.or.jp/dsp/kurara/

 

無料で見る方法

 

「眩(くらら)~北斎の娘~」を

見逃しちゃった方は「NHKオンデマンド」

で見る方法があります。

※配信開始予定日は2017年09月19日の火曜日です。

 

これは動画配信サービスの「U-NEXT」

見る事ができますよ〜

 

[char no=9 char="しろねこさん"]でも動画配信サービスって無料じゃないでしょ?[/char]

 

 

確かに無料ではありません。

 

ですが、現在「U-NEXT」では無料で

お試しできる

「31日間無料トライアル」

というキャンペーンがあっています♪

 

31日間無料トライアルを試してみる!

 

 

[char no=9 char="しろねこさん"]本当に無料で済むの?

違約金とかないの?[/char]

 

と絶対に考えると思います。

 

安心してください。無料トライアル中に

解約して頂ければ料金は一切かかりません

 

 

31日間無料トライアルを試してみる!

 

 

眩(くらら)~北斎の娘~のあらすじ

 

再放送も見逃しちゃったし、「U-NEXT」

なんだかなぁという方ももちろんいると

思うのであらすじを公式から引用させていただきます☆

 

江戸の天才絵師・葛飾北斎の三女として生まれたお栄(後の葛飾応為:宮﨑あおい)は、町絵師と夫婦になったものの、箸を持つより絵筆を持つのが好きで、父であり、師である北斎(長塚京三)の元に嫁ぎ先から戻ってきた。そこから「超えられぬ高き壁・北斎」の絵の手伝いが始まった―。

引用元:http://www.nhk.or.jp/dsp/kurara/

 

そんな中、お栄は北斎の門人である絵師・善次郎(溪斎英泉:松田龍平)にだけは、苦しみや悩みを話すことができた。それは思うに任せない、「出戻りお栄」の密かな恋心であった。

引用元:http://www.nhk.or.jp/dsp/kurara/

 

北斎という絵に魅入られた男を尊敬し、影で支える絵師として働き続けるお栄。そして北斎の代表作である「富嶽三十六景」が完成した時にも、そばにはお栄がいた。父が高齢となり、思うがままに筆を動かせなくなってからも、お栄は父の「影」として北斎の絵を描き続ける。北斎は眩しい光、自分はその影でいい。そうしてお栄は絵を描き続ける。

引用元:http://www.nhk.or.jp/dsp/kurara/

 

やがて時は過ぎ、心の中で常によりどころであった善次郎そして、北斎もこの世を去る。60歳を過ぎたお栄は、一つの真実にたどり着く。「影が万事を形づけ、光がそれを浮かび上がらせる。この世は光と影でできている」――

引用元:http://www.nhk.or.jp/dsp/kurara/

 

 

公式サイトによるとこのような

あらすじのようです!

 

このあらすじを見てやっぱ「U-NEXT」

でも見たいって思った方はこちらからどうぞ〜

 

 

本ページの情報は2017年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

-2017年秋ドラマ